統一感のあるインテリア選び

ベッドのお話

ベッドのお話 コイルの材質

インテリアやか家具を選ぶ決め手は何でしょう?


一口にインテリアといってもソファー、ベッド、収納と様々です。
インテリア選びを楽しくするためにチョットした知識があれば迷わず選ぶことができます。

そして材質がわかればあとは、デザインと機能を考えるだけです。



今回は「ベッドの材質」=コイル について考えてみます。

 


 ベッドを選ぶお客様へ・・・

ポケットコイルと、ボンネルコイルの違いをご紹介いたします。

少々高めのポケットコイルがいいのか?ボンネルコイルとの違いは何か?

 少しでも参考になさって、お選びください。


◇ポケットコイル

 コイルスプリングを圧縮して通気性のある不織布のポケット(袋)にひとつひとつ閉じ込めています。

そのため、体圧を点で支えるため、
体にフィットするサポート感を体感できます

イルの数加工、コイルの配列、通気性の高い不織布を使用することで、品質や価格に差が出てきます。


 コイルがひとつひとつ独立しているので、横揺れしません。 

隣で寝返りを打たれても響きません。


ポケットコイル

マット表面



◇ボンネルコイル

 体を連結されたバネの面で支えます。適度に硬さがあるので「畳に布団を敷いた感覚」です。

 バネ数や詰め物により、硬さも違ってきますが、いろいろあるボンネルコイルの中から、よりお客様に合った 商品を選んで頂けるようにアドバイスさせていただきます。

安価な粗悪なスプリングのマットレスは 耐久性も悪く、スプリングにへたりが出てきます。

そのまま利用されていると、姿勢に無理な負担がかかり腰骨や背骨を痛める原因になりかねません。そのため、あまり推薦はできません。もちろん、しっかりしたボンネルコイルを採用したベッドは問題ありません。


 らせん状に巻いたコイルスプリングを、全体に配列し連結しています。 このコイルの数や配列、加工通気性の高い不織布を使用することで、品質や価格に差が出てきます。


ぼんねる


ボンネル表面


コイルの違い、おわかりでしょうか? ご参考までに・・・。


ホーム RSS購読 サイトマップ