統一感のあるインテリア選び

お部屋を広く見せるコーディネート

お部屋を広く見せるコーディネート

 お部屋を広く見せるコーディネート

 

 


自分のくつろぎの空間を演出するために、
お部屋のコーディネートに力を入れる方も多くいらっしゃるかと思います。
しかし、自分好みのおしゃれなインテリアを好き勝手に購入しているだけでは、
うまく部屋のコーディネートが出来るとは限りません。

賃貸住宅などでは部屋の間取りはすでに決まっており、いかにその空間を自分の好みにアレンジできるか、
そこにはセンスが問われます。家具・インテリアの購入の際には、
どんな部屋を演出したいのかきちんと考えましょう。


リビング プルメリア

 







狭いお部屋を少しでも広く見せるコーディネートのコツを少しですが紹介します。
まずは、白を基調とした部屋にすることです。
壁・建具・天井をすべて白で統一することにより、空間に圧迫感がなくなります。
白は清潔な印象を与える色でもあり、お部屋がとても綺麗に見えます。

また、様々なデザインの家具とも相性がよく、お部屋のコーディネートがしやすいことも特徴です。
光を反射する効果もあるので、お部屋全体も明るくなりますよ。
部屋を広く見せるためには、明るめのカラーがオススメです。
部屋の面積を多く取る部分に明るい色を使い、家具・インテリア等は濃い色などにすれば、
空間に奥行きが出るので部屋を広く見せる効果がさらに高まります。

 



次に、家具の置き方によって部屋を広く見せるポイントです。
それは、「視線の抜け」を作ることです。視線の抜けとは、部屋に入った時に奥まで視線が通ることです。
部屋を奥まで見渡すことができるので、開放感を印象付ける事ができます。
家具やインテリアを選ぶ際には視線を遮らないように低いものを選ぶと、
この「視線の抜け」を作る事ができますよ。

また、床の面積を広く見せることも大切です。
人の歩くスペースを確保し、家具を端に固めるだけも床が見える範囲が広くなります。
入口から対角線上にスペースを空けておくと、スッキリとした印象になります。
上記した以外にも、部屋を広く見せる技はたくさんあります。
生活空間を充実させるためにも、コーディネートを考えた家具選びを行ってください。


ホーム RSS購読 サイトマップ