統一感のあるインテリア選び

リビングのカラーリング

リビングのカラーリング

インテリアのカラーについて

一人暮らしの醍醐味と言えば自由にお部屋をコーディネートできるということでしょう。 広いとは言えないワンルームや1Kに住んでいても、コーディネート次第でおしゃれで居心地の良い部屋を演出できますよ。

コーディネートをする際に、どのインテリアを購入しようか迷うと思います。 デザインもそうですが、インテリアのカラーにも迷いますよね。 基本カラーは好みでいいのですが、カラーの明るいインテリア、暗いインテリアを部屋に配置したとき、そのバランスによって受ける印象は変わってきます。 高い所にカラーの暗いインテリアがあると圧迫感が強くなるというのが良い例です。

 

生き物は、上は明るくて下は暗いという共通の認識を持っているそうで、この認識に反して上に暗いものをレイアウトすると不安定感を感じ、圧迫感を受けやすくなるそうですよ。 圧迫感のあるお部屋での生活は大変窮屈なものになるので、ストレスを感じてしまいます。 なので、カラーの暗いインテリアはなるべく下の方に置いた方が良いでしょう。

窓などの明るい場所にもカラーの暗いインテリアは置かない方がいいですよ。 窓から差し込む光とカラーの暗いインテリア、それぞれのコントラストが強調されて、これまた圧迫感を受けやすくなります。 明るい場所にはカラーの明るいインテリアを置いてくださいね。 相乗効果によりお部屋の印象はより明るいものとなり、楽しい一人暮らしが送れるでしょう。。

 

それぞれのインテリアのカラーの組み合わせも迷いどころです。 同系色のインテリアで揃えるとコーディネートしやすいですよ。 簡単にできる反面、単調にならないようにアクセントカラーとして反対色や類似色を少し加えると変化もつけられます。 色相環で向かい合っている色を揃えるのはちょっと上級者向けです。 お互いの色が相手を引き立てるので大変鮮やかな印象のお部屋になりますが、刺激的すぎる場合があるので、そんな時は彩度や明度を下げることで落ち着かせることができます。 インテリアのコーディネートにもこだわって快適な生活を送ってくださいね。

ホーム RSS購読 サイトマップ