統一感のあるインテリア選び

リビングのインテリア

リビングのインテリア

 リビングのインテリア

 

 

 


リビング

インテリアと一言で言っても、様々な物が思い浮かぶかと思います。
インテリアはほとんど家具と同義でありますが、生活用品というよりは室内を装飾する意味を持ちます。
カーテン、カーペット、壁紙、床材などの内装材や、窓、ブラインド、ロールカーテン、カーテンレール、
家具や照明器具、ドア、間仕切りなどもインテリアと言われています。
インテリア雑貨やインテリア家具という言葉はよく耳にしますよね。
おしゃれなインテリア家具などがある空間で生活を送ることに、憧れを抱いている方も多いでしょう。

 



家族の団らんの場所であるリビングには、
ゆっくりと寛げるインテリアとしてソファなどを置く方が多いです。
ソファがあるだけで、心地よいリビング空間になるのではないでしょうか。
背の低い家具を取り入れることはお部屋を広く見せる効果があるので、
ソファは狭いお部屋にもぴったりなインテリア家具といえるでしょう。
部屋の真ん中に置くことが多いので、その部屋の雰囲気に大きな影響を与えます。
シックな印象を与えたいのなら黒革張りのソファ、アジアンテイストな雰囲気にしたいのなら、
プルメリアのアバカでできたソファなど、作りたい部屋の雰囲気に合わせたソファを選んでください。

 

リビング プルメリア

 

 ソファの配置注意点

 

 

 



リビングの多くが、テレビに面した空間になっていると思います。
長時間座って映画やテレビなどを見るので、ソファの座り心地はもちろん、
配置の場所や他の家具との間隔もとても大事になってきます。

ソファに座って寛ぐことの多い場合は、
ソファとテーブルの間に30センチ以上の感覚を開けるのがオススメです。
自然に足を伸ばせるの、長時間座っていても楽です。
ソファを背もたれのようにして、床に座ることが多い場合は、
ソファとテーブルとの距離は45センチ以上をオススメします。
この距離は足を伸ばして座っても膝がテーブルに当たりにくい距離です。
また、ソファを置くことによってドアが引っかかって人が通りにくくなったり、
家具の引き出しが開閉出来なくなったなどの不便がないように、
配置場所やサイズはきちんと考えて選ぶようにしましょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ