統一感のあるインテリア選び

ソファーのデザイン

ソファーのデザインを考える

ソファについて

家族が集まるリビングや客間、ホテルのお部屋などに置かれているソファは、2〜3人用などの二人以上が座る張りぐるみされた椅子で、今では様々なデザインがあります。
お部屋の雰囲気や目的にてよって選ばれているかと思いますが、
ソファの歴史は古く、ソファの祖先ともされている肘掛付き長椅子は、フランスの18世紀に登場しているんです。
日本の江戸時代頃にあたるそうで、ソファに座りながらくつろいで、楽しく会話をする事に適していた為、宮殿や邸宅にも広まったそうです。


日本では、畳の上での生活が長かったのでソファの歴史はまだ浅いのですが、高度経済成長期と共に人々の生活はこれまでの和室から西洋風へと変化したので、畳みに座る生活から、ソファや椅子に座る生活へと変わり、いまではリビングには必要なインテリアになったかと思います。

 

 

 

ソファのデザイン

住まいのデザイン、お部屋のインテリアにあわせて家具を選ぶかと思いますがその中でも、リビングに置くソファは家具の中でも大きく存在感もありますので、ソファによって雰囲気もだいぶ変わってきます。
その為、ソファを置く空間のイメージやコンセプトを決めてから購入した方が良いかと思います。
南国リゾートのようなリビングにしたいなら、プルメリアソファで天然素材を用いたソファで演出するのもいいですね。
また、ソファにはソファべッドにもなるタイプや、一人用のタイプもありますので、お部屋のイメージに合わせたり、使用する目的によっても選ぶ事ができます。


最近の日本では、家族が一緒になってご飯を食べる事が少なくなっているそうです。
これまでなかなか話す機会がなかった親子にも、会話が生まれるかと思いますので、皆が集まりくつろいで座れるソファで、家族団欒の楽しい時間を作る事もできますし、ご飯を一緒に食べる機会も増えるかと思いますので、ぜひあなたのご自宅にも素敵なソファを置いてみてはいかがでしょうか。
一人暮らしのかたでも、ソファのデザインにこだわりインテリアを楽しんではどうでしょう。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ